2012年6月14日木曜日

失敗から学び意識を高める方法☆

人は、自分も含めて日常的に大なり小なり失敗をしてしまいます。

そんな時には、是非やってみて欲しいことがあります。

最近の自分の失敗を一つ思い出し、ビデオを再生して観るように、じっと目を閉じて意識を集中させてただただ観察してみて下さい。

他者や、自分や、間の悪さや、注意力不足や、運の悪さや、処理能力を、嘆いたり責めたりしていませんか?

その時、自分の失敗に対する自分の対応はどうですか?

その時、自分の失敗に対する言動は何処に向かっていますか?

私はなんてダメなんだろう!
あの人が悪い!
あ~いらつく!

その時の声は何処から聞こえて来るのか?
じっと観察してみましょう。

それは貴方の頭の中の思考(考え+感情)であり、思考(考え+感情)が発した声ではありますが、実を言うと決して本当の貴方自身の声ではないのです。

貴方は、宇宙の源と繋がっている魂なのであり、肉体つまり脳が発した思考(考え+感情)が貴方なのではありません。

貴方がじっとその失敗の事柄を観察し続ければ、やがて思考(考え+感情)はパワーを無くし、消え去ります。

思考(考え+感情)とは、ネガティブな気をエネルギーとして取り込んで大きくなります。

そうしないために淡々と観察に意識を集中させていれば、新たな思考(考え+感情)は発生しませんので、消えていくのは当然のことなのです。

思考(考え+感情)が消え去るまでそれをやり続けたならば、そこに在るのは事柄という「事実」しかありません。

思考(考え+感情)を抜きにして、その事実だけを淡々と観れば、注意すべき事柄がはっきりと貴方の意識に認識されます。

結果、貴方の意識は失敗した時より高くなっています。

自分や他者を責めるようなネガティブな考えを本当の自分だと認識しているうちは心の安らぎは訪れませんから、この「意識を集中させてじっと観察をする!」を実践して、ネガティブな考えから抜け出しましょう。

魂の本当の自分になった時、初めて貴方は、「頭で考えているこの存在が自分である」という意識から、「頭を考えさせる(頭脳を使役する)ことが出来る本当の自分」になります。

頭脳に使われ、振り回されてはいけません。

頭脳は、本当の魂の自分が使役するものです。

それを日常的にするには、「今この瞬間」を意識を持って本当の魂の自分の目で観る!ことなのです。

過去も未来もありません。

今この瞬間」しかないのです。

過去を嘆いたり(過去に生きたり)、まだ起きてもいない未来を悲観して何の意味があるでしょう?

今この瞬間」に意識を集中しましょう。

もしも辛い過去があったなら、ただ客観的な事実として淡々とそれを眺めましょう。

自分の中から負の考えが消え、負の感情が消えるまで、ただただ客観的な事実として淡々と眺めるのです。

どんなプラスのこともマイナスのことも、魂磨きにとって必要な学びの経験です。

そして「今この瞬間」に意識を集中し、今を最高に生きることが、過去を最高の学びの体験に変え、最高の未来に続く道に繋がっているのです☆


良かったら押して下さい☆

健康ブログ 気功

人気ブログランキング

スピリチュアル/アンチエイジング ランキング





2 件のコメント:

  1. 大塚 純一2012年6月16日 15:13

    野坂 磨利名 様。

    はじめまして。

    私は、神奈川県在住の。

    大塚 純一 と 申します。

    どうぞ、宜しくお願い致します。


    私は、野坂様ほどではありませんが。

    氣 の 世界に目覚めた者です。

    中国気功では、ありません。


    数週間前、たまたま、「 気功師 」 で。

    検索しておりましたら。

    野坂様の、ブログを拝見させて頂き。

    とても素晴らしい、野坂様のお人柄、ブログ。

    感動しました。

    ありがとう御座います。

    先ほど、ツイッターも拝見させて頂きました。

    とても、勉強になります。

    ありがとう御座います。

    ご挨拶と、お礼まで。


    氣功師 大塚 純一  拝。

    PS 私も、ヤフーさんで、ブログ書いております。

      どうぞ、宜しくお願い致します。

    返信削除
  2. 大塚純一様

    過分なお言葉、ありがとうございます。
    お返事が遅くなりまして申し訳ありません。
    Twitterは最近ずっと名言格言集と化してしまっており恐縮です。

    私も大塚様のヤフーブログを拝見させていただきました。
    お互い表現は少し違えど、同じ方向を向いていると感じ、大塚様の愛の「氣」をしっかりと受けさせていただきました。
    ありがとうございます。

    今後ともよろしくお願い申し上げます。

    返信削除