2012年1月31日火曜日

天の蔵に富を積む☆

さて、以前「積徳」について書きましたが(魂磨きについて☆)、これも業(カルマ)となるのです。

業(カルマ)と言うと「悪業」ばかりフォーカスされますが、「善業」というものがあります。
「徳を積む」とは、詰まるところ「感謝の意識を集める」ということです。
それは良い業(カルマ)、善業となります。

逆に、憎しみや怒りの意識を集めたり、自分自身がそういう意識を保持し続けて(囚われて)しまうと悪業となります。

本人には過去世の記憶が無いので何やら理不尽な事のように感じてしまいますが、リンゴから手を離せばリンゴは地球の中心に向かって落ちるように、この宇宙の原理原則と捉えるしかありません。

悪業を積んでしまう事にならないように、生きているうちに今世でのマイナス点はきっちり解消しておきたいものですね。

「有難う!」の意味が判っていれば、楽しく努力が出来ます。

まずは、「自分とは?」と自分を考え、自分をよく観察して自分を知る事が肝要です。
自分を知れば、より楽しく自己活用できるようになります。
そのためにも日頃から瞑想は大切です。

周りを助ける事は「有難う!」を頂けるチャンスなのですから、感謝をもってさせて頂きましょう。

これはいわば「天の蔵に富を積む」ということで、「有難う預金」のような物です。
せっかく今世で命(チャンス)を与えられているのですから、積極的に天の蔵に富を積みましょう!

また、言葉は「言霊」と言われるように、いたわりやねぎらいや優しさの心を込めた言葉を自分から出すことも立派な社会貢献です。

良い言霊は、良い波動に乗ってプラスエネルギーの持ち主に吸収され、活用されますから、素晴らしいのです。

自分にも積極的に褒め言葉を、笑顔を添えて贈りましょう。

偉いわ!
凄いじゃないの!
今日は頑張ったわね、ありがとね!

有難う!
と人から言われたら、お役に立てる自分に感謝して、
こちらこそ役に立たせて頂いて有難う!
と感謝しましょう。

誰かのお役に立てる寿命の中の元気な自分の時間は、アンテナ立ててしっかりフル回転しましょう。

そのうちに、なかなかそれが出来難い体力気力となり、させていただく立場からしていただく立場となります。

お互い様の精神で、日々努力で霊格を高め、役立つ自分磨きに励めば、最後はしっかり自分に有難う!と言えますよね。

悔いのない、楽しめた一生だった!
と思いたいものです☆

0 件のコメント:

コメントを投稿